<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
第9章 加賀フィッシングエリアにて・・・
c0106128_14312144.jpg

この前、加賀フィッシングエリアに今年の初釣行に行って来ました。
すごく温かくて良い日でした。
初釣行と言う事もあり久しぶりにフライを付けてのキャスト(ドキドキ)
キャスティング練習は、たまにしていたんですが、まだ自分のフライ暦は、長くないという事もあって少し不安でしたが、思ったとおりフライがターンしてくれてメンディング・・・良かった出来た。
ここで、エピソードを1つ
フライキャストの形を覚えたての頃に、フライとバス釣り両立していて
竿の振り方は・・・『手首を使わないフライキャスト』『手首を使うバスロッド』・・・

バス釣り暦の長い僕にとっては、手首を使うキャストに慣れてしまっていて、その時は、始めたばかりのフライキャストの形が出来てきた頃に、バス釣りを1回挟んだだけで、今まで出来てきた、フライキャストの形がボロボロになったと言う出来事がありました。
今は、それなりに形が出来てきて途中で、違う釣り(バス・エリアでのスプーン)をしても大丈夫になってきました。

釣りブログ・人気blogランキングに登録してます。
よろしかったら1つづつマークをクリックしていただければランキングにカウントされます。
↓↓↓を2つ共よろしくお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログへ
人気blogランキングへ
[PR]
by junbous | 2007-01-31 14:41 | アイテム
第8章 1週間過ぎて・・・
ブログを書き始めて1週間が、過ぎました。
頑張って「毎日更新」をとりあえずクリアーです。
自分のブログを第3者的に分析してみると・・・話が、「堅い」と、感じました・・・。
 内容的には、昔話から始めましたが、他の人のブログ(日常を綴った話)とは、少し違うかな・・・と、思いました。(でも個性があって良いかなと・・・
でも自分の釣り人生を語る上での基礎(土台)で、無くてはならない話ばかりだったので、1週間続けてみました。
こらからは、色んな日常話や自分の他の趣味話とか持っているアイテム話を織り交ぜていきたいと思います。
・・・でもまた昔話が、始まってしまうと何日かはその話が続くとは思いますが・・・温かく見守っていてください。

順坊って、昔そんな事をやってたんだと、皆に知ってもらいたいと言うのが、本音です。
これからも早く次ぎが、早く読みたいと思われるブログ更新を目指します。

ギャラリーコーナー
c0106128_0234397.jpg

去年のラストを飾ってくれたイワナです。

釣りブログ・人気blogランキングに登録してます。
よろしかったら1つづつポチポチっと
↓↓↓を2つ共よろしくお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログへ
人気blogランキングへ
[PR]
by junbous | 2007-01-30 23:46 | ひとり言
第7章『幼年期』 魚釣り・・・
ここにきてやっと魚釣りの話になります。
先にも書いていたとおり「ザリガニ釣り」「クロカワ虫は、魚釣りのエサで使用」とかちょっとありましたが・・・
本当の始めての釣りは、多分皆さん家の横での川釣り?って、思っている人が大半だと思います・・・が、違うんです。
子供なら皆経験が、あると思いますが、まず近所の家遊び巡り?
で、ある家のおじいさんが魚釣りの話をよくしてくれまして、自分はすぐに興味を持って「行きたい」と、子供心いっぱいで、言ったのを覚えています。
じゃ行くかと言う事で、おじいちゃんと2人で家から200メートル位の所に、へらと鯉の釣り堀が、ありまして、そこに行くことに。
そのおじいちゃんは、へら釣り氏で、自分も貸し竿を借りて、隣に「ちょこん」と座り釣り方を教えてもらいました。(エサとかは、おじいさんに全部やってもらいました・・・僕は、水に放るだけ)
しばらくしたらウキが、モゾモゾとしたと思ったら無くなり何だと、思って竿を上げるとへらが、掛かってました。
もう大慌てです。(自分もおじいちゃんも)
何とかへらを1匹ゲット。(この事は鮮明に覚えてました。)ドキドキと興奮で、もう虜になってしまいました。が、いわゆるビギナーズラックでした。
その後、僕は1匹も釣れずに釣れるのはおじいちゃんだけ・・・でもその時は悔しいとか。何で、僕は釣れないんだ。と言う思いより、おじいちゃんの一挙一道に見惚れる感じで、釣れる所を見ていました。
帰りにおじいちゃんが「また来ような」の言葉に「うん」とうなずき帰路に着きました。
人生初めて魚釣りは、へら釣りと言う贅沢な始まりでした。
今そのことを、親に聞いたらあの時は、家に帰ってきてからその話を親とかに、1日中言っていたそうです。
今思うとそのおじいちゃんがいなかったら、今の自分は、無かったかなとも思います。

釣りブログ・人気blogランキングに登録してます。
よろしかったら1つづつポチポチっと
↓↓↓を2つ共よろしくお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログへ
人気blogランキングへ
[PR]
by junbous | 2007-01-29 23:38 | 幼年期
第6章『幼年期』ホタルが・・・
自分の家の横には、川が流れていると前にも書きましたが、実際は、両側にも川があって挟まれる形で、家が建っていました。
が・・・今は片方の方(綺麗な方)が、コンクリートで、塞がれています。
自分が、子供の頃は、今はコンクリートで、塞がれている方の川は本当に山奥の様な凄いキレイでゆったりとした流れで、ゴミも無く草とがが、少し覆いかぶさる程度の本当に良い川でした。
が・・・小学校が、近くにありまして通学路で、平行した道がありまして、子供が落ちたら危ない(と、記憶してます)からと言うので、コンクリートで、塞がれてしまいました。
その川の思い出は、夏の夜にホタルが住んでいた事です。
夜になるとあちこちに飛ぶホタル達。綺麗だったなあ
当然コンクリートで、埋められればホタルは、住めなくなり。今は、時代が進むに連れて本当に山の一部の川にしか、生息していないと言う現状とても悲しいです。
昔は良かったと言う言葉は、あまり使いたくないんですが、あえて昔は良かったと言う言葉しか思い浮かびません。
綺麗事を言う訳では、ないんですが、現在の川は実際色々な問題を何処も抱えていて、その問題を作っているのは、人なんですよね。
例として、ですが・・・
バス釣りをやっている人達は、外来魚の問題とかで、はみ出し者扱いされる立場の中、自分達のフィールドを守る為に定期的に、発起人(HPを持っている人やショップ)が、立ち上がりゴミ拾いやフィールドの掃除をやって環境を良くしていこうと言う、オフ会が、増えています。
誰か立ち上がって、ここの川を清掃しようと言うまとまった話が上がらなくても自分が、釣りをする川はやっぱり綺麗な方が良いしその方が、良いに決まっています。
ゴミを毎日拾って下さいとは、言いませんが、せめて自分では、捨てない勇気が、必要だと思います。
自分はあるフライチームに所属しており。定期的なゴミ拾い活動とかに参加しています。
ゴミが無くなって良い釣り場をめざしましょう。

ギャラリーコーナー
c0106128_0345861.jpg

この魚は、メッキです。
サーフで、遠投して超高速ツゥイッチで、ダートさせ誘う釣りです。
なれないと超腕は痛くなるしすぐスレル・・・こいつは難しい・・・でもさすが、海の魚は引きが、違います。おもしろ
海の釣りは、キャッチ&イートです。
だって海は広いし広大で偉大です。
食べる楽しみもある海釣りもたまには良いですよ。

釣りブログ・人気blogランキングに登録してます。
よろしかったら1つづつポチポチっと
↓↓↓を2つ共よろしくお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログへ
人気blogランキングへ
[PR]
by junbous | 2007-01-28 23:38 | 幼年期
第5章『幼年期』毎夜出るやな奴****
僕の家には毎夜出るけど、友達の家に、夏、遊びに行くと出なかった虫を紹介します。僕の家の横には、川が流れている。
それだけの理由で、僕の家には夜な夜な嫌な虫が、やって来るんです。
それは、どんな虫かと言うとヒゲが長くて体長が長くて色は、茶色です。
こいつは、夏の日に毎夜毎夜、自分の家に飛んできて迷惑をかけていました。
どんな迷惑?
・家の中にいっぱい入ってきて鬱陶しい。
・夕食時ご飯にアタック。
・夜家の中で、飛びまくる。
・蚊取り線香を炊いて寝ると、朝そいつの死骸で、一杯。

等々、数え切れないほど迷惑放題をするやつでした。
ある日友達の家に泊まる事になりそいつの家に行って夜になると僕は「あいつが出る時間だ・・・」けど、そいつは、あらわれませんでした???何故???
友達の家は、住宅街で自分の家と比べると密集地です。そいつに聞くとそんなの「知らない」と言う・・・
でも自分の家にはそいつは出る。
???????????????????そんな日々を過ごしてきて、ある日フライフッシングを初めてまだ間も無い日の会話
「昨日のイブ****今日出た?」「またある日****今日出た?」と言う会話???
****って、何って聞くと「聞くより見た方が早いよ」と「イブをやってる奴がいるから見に行こう」と行ってみると「お!ヒゲナガ出てるじゃん」
「ヒゲナガ?」「これだよ」
と言われ良く見ると
「昔から自分の家に毎夜毎夜飛んで来る奴じゃん。こいつってヒゲナガって言うん?」「そうだよ」
と、言う事でした。
こいつは水生昆虫で、川で、卵から幼虫になり虫として世に出てくるやつと聞かされ、僕の家にだけ毎夜毎夜出る。理由を初めて知りました。しかも幼虫も子供の時に川で、魚釣りをする時に石をひっくり返せば、すぐ捕まり良く釣れ
たクロカワムシが、幼虫だとその後知らされ2度ビックリました・・・・・・
こいつが、出ると嫌だった今までの人生の夜。でも今は、こいつが出ると楽しい夜となってしまいました。

ギャラリーコーナー
c0106128_0542797.jpg

こいつは、和ナマズです。
日本古来から居る。多分皆が知っているで、あろう魚です。
こいつは、目があまり見えないようです。それに食うのが、すっごい下手で、20回トップで、出てもその日かかった回数0回なんてザラです。
出方は、「ブァゥ」と大きなしぶきを上げて出ます。(初めて連れて行く人にはかなりの衝撃で、感激します)
こいつは、いつも障害物に接して生活していているらしいです。非常に臆病で、敏感です。1度出た所(奴は)は、その日どころか、その何日か絶対出ません。後、ポイントを足音とか騒ぎ声とかで、一瞬にして、スクープして口を使わなくなります。(この辺は渓魚にかなり似ている)
習性は夜、行動し動く物をヒゲで、感知し何でも捕食。(水の水面・水中、問わずに音とヒゲで察知して捕食らしい)
こいつは、里川なら10センチ位の所でも生息しますので、皆の地域でもそんな川が、在れば普通に居ますよ。(お試しあれ)
食べると非常に美味しいらしいが、持ってかえりません。
釣った仕掛けはベイトロッド(6フィート5インチミディアムパワー)ライン(20ポンドナイロン)ルアー(ジッターバク・バーブレス仕様)

釣りブログ・人気blogランキングに登録してます。
よろしかったら1つづつポチポチっと
↓↓↓を2つ共よろしくお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログへ
人気blogランキングへ
[PR]
by junbous | 2007-01-27 23:55 | 幼年期
第4章『幼少期』ヘビを追って・・・
幼少の頃は、やはり色々な物に興味が湧いている時期でもあります。
とりたて興味があったのは、やはり昆虫類や小動物です。
今回取り上げるのは、ヘビです。
自分の家の周りが、ヘビの生息する条件が、整っていた場所でもありました。
そこに、デカイヘビ(自分が小さい時だったからデカク見えたのか???種類までは、解らないんですけど、とりあえず毒を持って無さそうな奴だったと思います。)を見つけた1人が、前の川に投げいれ意味も無く、そいつが川から出ない様にして下流に追って行きました(距離にして約5キロ)やはりと言うかなんと言うか、そいつは、泳ぎ疲れて弱ってきました。
それを見て皆で、声が揃う様に「かわいそうだからもうやめようよ」と言って、川に入りヘビを捕まえて陸に上げて温かい所を探して持って行きました。
そうしたらヘビは、丸くなりじっとしていました。
見守る事、数分・・・動き出し、皆の見守る中草むらに消えて行きました。
ヘビを夢中で、追いかけている時は気がつきませんでしたが、子供にとってはかなりの距離を移動しており帰りは、ヘトヘトでした。

この事があった後、何か自分の中に弱い者を自分のエゴで、いじめるのは、いけないという思いが芽生えました。

ギャラリーコーナー
c0106128_11315329.jpg

この写真はやはり近所の沼で、ブラックバスを狙っていたらライギョが、見えたのでサイトで、狙って釣ったものです。
偶然にヘビの話題と、ヘビに似ているライギョの話が一緒になってしまいました。
(この写真は少し古くて4年位前のものです。)

釣りブログ・人気blogランキングに登録してます。
よろしかったら1つづつポチポチっと
↓↓↓を2つ共よろしくお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログへ
人気blogランキングへ
[PR]
by junbous | 2007-01-26 11:42 | 幼年期
第3章『幼年期』近所の沼にて・・・人生での初釣り
しつこい様ですけど、僕の育った所は田舎なんで、近所には、あちこちに沼が、ありました。
思い還すと、そこで僕の人生での初釣りは行われていました。
それは、ザリガニ釣りです。
沼で釣りを始める前にまずは、皆で駄菓子に行きよっちゃんイカを買いに行います。
この後、沼に行きその辺にあった枝と家から持ってきた毛糸に、よっちゃんイカを
縛り付けて準備OK。
そして沼に行き、良~く見ると丸い物が2つある所に放りこみます。
す・る・と・・・ハサミが出てきて摑み引っぱります。
それを引き上げザリガニ釣りが、成立です。

その後、その釣ったザリガニの剥き身を、よっちゃんイカの代わりに縛り変えて、また目の様な物を見つけて同じ事の繰り返しを、して楽しみました。
その最中は、もちろん残ったよっちゃんイカはを自分でほおばり、おやつとなります。
今ではそのいっぱいあった沼達は、皆埋め立てられ無くなり住宅になっていたりして、少し悲しいです。

ギャラリーコーナー
c0106128_1036785.jpg

この写真は、去年の真夏に近くの沼での1枚です。
自作ラバージグで、釣った53センチのブラックバスです。
ここの沼は、「釣れたらデカイか、ボウズで終わる」と言うバクチ的要素の高い場所です。

釣りブログ・人気blogランキングに登録してます。
よろしかったら1つづつポチポチっと
↓↓↓を2つ共よろしくお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログへ
人気blogランキングへ
[PR]
by junbous | 2007-01-25 10:50 | 幼年期
第2章『幼年期』川の下流にて・・・
先に書いた通り、家の横に川が流れている環境で育った自分は、ガキの頃(幼稚園児位)に近所の悪ガキと日課の様に、手網を持って川に入り出動していました。
下流域の話。
網を持って「何をするの?」何いってるんですか!魚取りですよ(ガリガニもね)
自分の家から300m位下流から入ります。そして狙いは、水藻です。
水藻の後ろに網を配備し水藻の頭から足で、ガシガシとやると面白い程魚が、捕れます。
(捕れる魚は、主にハヤ・ウグイ・オイカワ・ドンコたまにニジマス)そして行き着く所が自分の家の前で、一旦終わりです。
???なんで、もっと上流に捕りに行かないの?と言う突っ込みが、入りそうですが、家の前に、2m半位の滝が出来ていてしかもドン深です。(ドン深は、あたりまえか)子供じゃ無理です。行くとしたら大人でも高巻きしないと無理って言うか、大人は魚捕り遊びなんてしねえかヽ(´ー`)ノ
捕ってきた魚は大抵そのまま台所に直行で、まる揚げにされます。たまにカッコ良い奴は、水槽にて飼われました。(コレクション?)
今の子供達はテレビゲームとかの家にての遊びが主流・・・昔ながらの遊びをしない子供達の将来が、心配です。
でも僕が田舎で自然の中にある暮らしをしていたから、こうゆう遊びが出来たのかとも思います。
同年代(僕は1971年生まれです)の都会の方の幼稚園児位の遊びは何だったんかな?

ギャラリーコーナー
c0106128_10142696.jpg

この写真は良竿さんにシーバス釣りに始めて連れて行ってもらった時の初シーバスです。
この写真の後、海がシケて、荒れて全身海水まみれになりました。でも、凄く楽しかったです。
違う日に友達を誘って3人で時間にして4時間で、100匹を超えました。
案内してくれたのは、CHARTER BOAT GUIDE SERVIESのJAWS伊藤キャプテンです。

釣りブログ・人気blogランキングに登録してます。
よろしかったら1つづつポチポチっと
↓↓↓を2つ共よろしくお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログへ
人気blogランキングへ
[PR]
by junbous | 2007-01-24 10:17 | 幼年期
第1章『自己紹介』
 最近周りの皆が、ブログをやっているのを覗いているだけでは、つまらん!!!
と、言う事で今回ブログを立ち上げてみました。
 今までの自分の人生を振り返ってみるのも良いかな?人生まだ半分も行っていない若造が、なにを言うのか楽しみにしていてくんなまし。 とりあえず今の人生の中で、切り離せなくなっている釣り部門ですが、これは、追々話していきますが、とりあえず。
さわりだけでも・・・ガキの頃(幼稚園児位)から家の横に川が接している家で育って来たせいか。自然に川での遊びを始めました。・・・つづく。早!
って紹介なんだからこれ位で、良いかなと・・・(少しづつ出します)
とりあえず写真を1枚位のせたいと思い写真を探したんですが、自分の載っている写真が無い!!いつもデジカメを持って撮る側にいたもんだからあまりないんです。
去年の写真ですいません。
これは、男鹿川での1枚です。
あそこのニジは皆ヒレピンで、デカイです。
定期的な、ダムの放流にさらされている中、流されないで生き残った奴達なんです。
でもそいつを目当てに来る人も多くて当然スレていて手強いです。今年もチャレンジ→ゲットを狙います。

はて、「何故放流していないニジが、ここに居るんですか?」と、言うとここの場所の上流で、夏休みの子供イベントで、つかみどり大会の居残りが、ダムの放水で、落ちてその年に生き残った奴が、あっというまにデカクなって、しまうわけです。

ギャラリーコーナー
c0106128_0342744.jpg


釣りブログ・人気blogランキングに登録してます。
よろしかったら1つづつポチポチっと
↓↓↓を2つ共よろしくお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログへ
人気blogランキングへ
[PR]
by junbous | 2007-01-23 01:05 | ひとり言